clean

手指の滅菌

彦根歯科歯医者ロゴたなか歯科クリニック/歯医者

彦根市の歯医者 歯科・小児歯科 清潔で安全な歯医者さん

「感染予防対策」について

感染予防で最も重要なことは「手指」の滅菌だと考えます。
安心して治療を受けていただく上で、滅菌・消毒は欠かせないものです。
歯科医院において、完全な滅菌消毒をしないという事は、他の人の病気がうつる危険があります。感染対策のための費用は保険で認められていませんが、当院では、感染予防対策に費用と労力を惜しまずかけ、実践しています。 患者様に「清潔であり、かつ衛生的な環境」を提供し、安心して診療を受けていただきたいと思っているからです。

「手指」の滅菌

感染予防で最も重要なことは「手指」の滅菌だと考えます。
「手指」の消毒は基本的なことであり、見落としがちですが、この基本ができていなけれ感染予防システムが成り立ちません。

当クリニックは、感染の可能性のあるものすべてを滅菌対象としています。滅菌方法は、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)をはじめ、さまざまな機器を使用して消毒、滅菌しています。機器を滅菌しても、滅菌していない手でさわっては滅菌していることが無駄になります。基本を徹底させることによりスタッフも感染予防に対する意識が高まるようです。手指の滅菌は、消毒、洗浄で諦めている歯科医院が多く、グローブの交換で対応してるようです。グローブに関してですが、よく「グローブを患者ごとに交換してます」と感染予防でうたっている歯科医院があります。当クリニックは、手指の完全な滅菌処置を施しているため、グローブの交換は必要ありません。当クリニックは、開業当時より、手指の消毒を徹底していました。手指の消毒には「次亜塩素酸系」の薬剤がかかせません。次亜塩素酸を使用したユニット毎に設置された当院独自の手指の滅菌システムにて対応しています。次亜塩素酸系の薬剤は、開業当時は、強酸性水(次亜塩素酸系)を使用、2002年より商品名「APアクア21」にて中性の次亜塩素酸系を利用しています。

滅菌のターゲットはB型肝炎ウィルスです

独自の滅菌システム

感染予防で最も重要なことは「手指」の滅菌だと考えます。
血液によって感染する主なウィルスは以下の3つがあります。

B型肝炎ウィルス(HBV)C型肝炎ウィルス(HCV)エイズウィルス(HIV)
当院ではこのような患者さん・医療従事者との院内感染の可能性を断ち切るために、感染の可能性のある使用器材の消毒・滅菌・使い捨てに力を入れています。当院の殺菌、滅菌対象は、すべてのケースに対してHBVをターゲットとしております。HBVに対応することによりHCV、HIVはもちろん他のウィルス、細菌、他に有効だからです。なので患者さんごとに、消毒、滅菌の方法はかえていません。
そのため、開業当時より、当院にはアルコールはありません。簡単なアルコール消毒では滅菌ができないからです。
予防対策はみえないものですが、非常に大切なことです。不安になりがちですが、当クリニックでは独自の滅菌システムにより安全ですので、安心して治療をお受けください。

Clean

ハイレベルな感染予防対策を施している彦根市の歯医者です。感染予防で最も重要なことは「手指」の滅菌だと考えます。安心して治療を受...

Auto

24時間予約のできる彦根市の歯医者です。予約の方法は、24時間自動音声予約方、インターネットによるWEB予約方法があります。自動..

Card

保険診療費のお支払いにクレジットカードがご利用できる彦根市の歯医者です。クレジットカードのご利用は自費診療はもちろん、保険診..

いつでもお気軽にご相談ください。

地域に根ざしたかかりつけ医として医療を提供しています。安心してご来院くださいませ。